期間とコストの重要性

フェイス

ボトックスの持続期間

ボトックス注射を打った後は、どのくらいの期間で効果が消えるのかも把握しておくと、カウンセリングや再度施術を受ける目安になります。施術した医師の技術力や、使っているボトックス、個人差によっても異なるのですが、一般的には大体4ヶ月から6ヶ月程度となります。意外と短いと思われた方もいるかもしれません。一回目では人によっては3ヶ月程度で効果が切れるケースもあります。しかし、ボトックス治療は二回めから、効果持続期間が長くなってくる治療法です。最初は3ヶ月程度から半年で効果が切れる状態から、治療を続けることで1年~2年毎の施術で済むようになります。最初のボトックス注射の後、筋肉が抑制されて、持ちが良くなるとも言われています。持続効果を長く引き出すには、期間の見極めが重要になります。3ヶ月に1度などの速いペースで打ち続けていると、中和抗体が出来る恐れがあります。ボトックスに対して耐性が出来てしまうことで効果が短くなったり効かなくなったりする状態になります。そのため、施術する美容外科では、ゼミオンと呼ばれる中和抗体の生成を防止する薬を処方する場合もあります。自分で、どの程度で効果がなくなるのかを確認することで、効果的なタイミングでの施術を受けることが出来るでしょう。頻繁にボトックスを打つのは、効果期限的にもコスト的にもよろしくない方法です。よく医師と相談して、一番いいタイミングを探すと良いでしょう。

ボトックスの費用

ボトックスの費用は部分によっても変わりますが、顔全体であれば大体15万円から30万円程度の金額がかかるようです。一部なら3万円から6万前後で施術をするケースが多いようです。また、ボトックスは顔のしわ取り以外でも利用出来ます。脚の痩身ボトックスでは10万円から20万円程度が相場となっています。小顔のボトックスでは状態にもよりますが10万円以上になることもあるようです。ワキガ対策では10万円から15万円程度となります。行なう美容外科によって価格が大幅に異なるため、よく実績や実力を見極めてから決めることが重要です。費用が相場よりずっと安いなどについては、内容や使っているボトックス、対応などをしっかり確認した方が良いでしょう。安かろう悪かろうで諦めるには、価格が高いので、少しコストが上がっても相場程度の技術を持つ安全な美容外科を利用してみましょう。口コミや、施術症例の情報などを開示しているところを探して美容外科を探すのも良いでしょう。